資金管理支援

資金に関する情報を適時に入手できるようサポート致します。

経営において欠くことのできない「資金管理」を支援致します。企業にとって、「攻め」の目標である「利益向上」は非常に重要です。しかし、いくら利益を出してもお金が底をついてしまっては意味がないことは言うまでもありません。利益向上と共に大事なことは、「守り」の「資金繰り」です。資金がなくなれば事業は終わってしまいます。

また、資金管理が良好に行われている企業は、企業状況の把握と経営管理の観点から、金融機関から高い評価を得ることができます。利益向上にはもちろん、資金繰りにも、「経営者の決断」が非常に重要なウェートを占めます。資金に関する情報を適時に入手し、決断が可能となるようサポート致します。

予定資金繰り表の作成及び支援

企業において、資金がどう推移していくか、その原因は何であり、今後の対策をどう立てていくべきか、を判断するために、予定資金繰り表を作成致します。

予定資金繰り表は、単年度の経営計画を月次に分解し、さらに各損益項目について取引先別に分解した資料から、入出金サイトを考慮して作成します。資金管理は一番悪い状態でどのようになるか管理できることが重要であり、この場合に使用する経営計画は一番悪い状態を見越したものとすることがポイントとなります。

また、会計ソフト等を用いて、企業内部でタイムリーに予定資金繰り表が作成される体制を構築できるよう、アドバイス致します。

実績資金繰り表の作成及び支援

企業において、今まで資金繰りをどのように行ってきたか、どのような原因で資金が動いてきたか、今後の予定資金繰り表の作成にどのように反映させるべきか、を判断するために、実績資金繰り表を作成致します。

例えば、経常収支がマイナスである場合、事業から利益を生みだしていないという表れであり、早急に事業体制・事業計画を見直す必要があります。また、財務収支をみることによって、融資の返済原資と返済資金の関係を見直すことができます。

また、会計ソフト等を用いて、企業内部でタイムリーに実績資金繰り表が作成される体制を構築できるよう、アドバイス致します。

外部資金調達の検討

セーフティネット貸付や緊急保証制度などの金融機関からの融資をはじめ、ベンチャー・キャピタルの出資など、外部からの資金調達の可能性をアドバイス致します。

リスケジュールへの対応

資金繰りが厳しい状況下において、融資返済条件の緩和(リスケジュール)策を検討し、金融機関に対する返済条件変更の申込書や経営改善計画書の作成を支援致します。

年度のキャッシュ・フロー計算書の作成及び支援

前期の貸借対照表と当期の貸借対照表・損益計算書・株主資本等変動計算書から、年度のキャッシュ・フロー計算書を作成致します。キャッシュ・フロー計算書は、1年間の資金の流れを営業活動、投資活動及び財務活動に分けて表示するものであり、企業における1年間の資金繰りの実態を把握する上で非常に有効なツールとなります。また、金融機関に対する財務管理のアピールとしても有効です。

Message代表・高松からのメッセージ
お問い合せフォーム電話・FAXによるお問い合せ事務所の詳細はこちらから